TOEIC勉強法

【TOEIC初心者必見】リーディングで7割以上取るために絶対にオススメしたい本はこれだ!

更新日:

TOEIC本

 

ハピ太郎

リーディングってどうやって勉強したらいいの?

世の中には色々な参考書があるし・・・

勉強の仕方がわからないよ~!!!!

このようなお悩みにTOEIC860点(2019/5/26現在)のぼくが答えます。

 

この記事でわかること

  • リーディングで7割以上取るために必要な参考書がわかる
  • その参考書を使った勉強方法がわかる

 

【結論】TOEICリーディングで7割以上取るために絶対にオススメしたい本はこれだ!

というわけで、まずは結論からいきたいと思います!

ぼくが絶対にオススメしたいリーディング対策に最適な本はこれ!

この本を使ったことでリーディングで7割を取ることができるようになり、今ではコンスタントに8割取ることができています。

 

参考

ちなみに上↑の本は、TOEIC学習者ならだれでも知っているであろう、あの「金のフレーズ」の著者であるTEX加藤さんが書かれたものです。

「単語に自信がないよ~」って方はこの「金のフレーズ」1冊で十分なので持っておいて損はないですよ。↓

 

【根拠】TOEIC L&Rテスト 文法問題でる1000問をオススメする理由

オススメする理由は、僕がこの本で勉強した結果、確実にリーディングのスコアアップを実感できたからです!

 

以下のグラフをご覧ください。

僕のこれまでのリーディングのスコアデータ(計13回分)と、各回でどのようなリーディングの勉強をしたのかを番号別にざっくり説明してみました。

 

TOEICリーディンググラフ

過去13回分リーディングのデータ

図の番号の説明

(※本のタイトルが長いので、"TEX加藤"とします。すみませんTEX加藤さん・・・)

公式問題集を初めて買って解いてみた→得点UP!

公式問題集TEX加藤受験日直前の2017/10/13に購入)で勉強→得点UP!

③ 特に何も勉強しなかったため点が下がった

TEX加藤でインプットして公式問題集でアウトプット→得点UP!

⑤ 特に何も勉強しなかった&完全にブランク(約6か月ぶり)が原因で大きく点が下がった

⑥ 忘れてしまった文法基礎を取り戻すためTEX加藤公式問題集で勉強(Part5,6を中心に復習→得点UP!

TEX加藤+公式問題集で勉強(Part5,6を中心に復習→得点UP!

 

↑のグラフからわかるように、TEX加藤を使って勉強した後は必ず点数があがりました。

 

これは文法基礎が身についたことでPart5,6での正解率があがったからです。

 

そして、公式問題集も併せて取り入れて勉強することで大きく点数がUPしているのがわかりますね。

 

ハピ太郎

でも、公式問題集使って勉強したんだったらPart7の点も伸びたことがリーディング全体の点数UPにつながったんじゃないの?

ほんとにPart5,6の点が上がったことが要因なの?

結局いちくんはもともとリーディングが得意なんじゃないの?

 

実は以前までずっとPart7で20問塗り絵状態だったんだよ・・・

だからリーディングが得意とは到底言えないんだよね・・・

今でも塗り絵してるけど20問→10問になったよ!

いちくん

 

確かに、公式問題集を使った勉強ではPart7も復習しますが、復習したからといって塗り絵状態は変わらず点数UPにつながりませんでした。これは単純に読解力と速読力が足りないからです。

 

今でも10問塗り絵状態なので、決してリーディングが得意ではありません。。。

 

とはいえリーディングが苦手な僕でも、最近はリーディングでコンスタントに8割取れています!

 

その理由は、TEX加藤で文法基礎が定着しPart5,6の正答率がUPしたからだと考えられます。

 

メモ

ちなみに、⑦の後は文法基礎がある程度定着したため、TEX加藤は使わず、テスト前に公式問題集だけを解いていました。

最近は公式問題集での勉強方法に限界を感じ、読解力と速読力UPのためにThe Japan Times Alphaを定期購読して読んでいます。

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題でる1000問の特徴

この本の特徴は以下です。

ココがポイント1

圧倒的な質と量

→新形式開始後も毎回受験、毎回990点満点のTEX加藤さんが書かれている本なのでそのクオリティは超高いです。しかも1049問収録されており、ボリュームがすごい。Part5で出題される文法事項が完全に網羅されています。

 

ココがポイント2

論理的でわかりやすい

→正解への道筋を、1つ1つ丁寧に解説しています。自分が間違えた選択肢のダメな理由まで説明がされているので、腹の底から納得できます。これまでなんとなく解いていた問題を論理的に理解できるだけでなく、素早く解答することができるようになります。

 

ココがポイント3

使いやすい

→この本は、左ページに問題、右ページに解説、という見開き構成になっています。なので、解答後すぐに正答・解説をチェックできるので、サクサク問題をこなせます。さらに、別冊<文法問題1000本ノック!>には、本冊の問題をシャッフルしてコンパクトにまとめてあるので、総復習や外出先での学習に最適です。

 

このような特徴があります。

もうほんとにこの一冊で文法に関しては十分すぎるぐらい素晴らしい本だと思いました。

 

一番良かったと思うのは、論理的に解説されていることです。

答えを導くまでの思考プロセスが1問1問丁寧に書かれているので間違えた問題に対してしっかりと納得して次に進むことができました。

この結果、Part5で安定した得点をとることができました。

また、Part6(長文穴埋め問題)については収録されていませんが、Part6で出題される文法事項はPart5と同じです。

したがって、Part5をものにすればPart6の得点UPにもつながるわけです!

ハピ太郎
まさに一石二鳥やな

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題でる1000問 を使った勉強法

ハピ太郎

本の特徴はわかった!

じゃあ、この本を使ってどうやって勉強すればいいんだ?

これから勉強手順を紹介していくよ!
いちくん

勉強手順

step
1

第1章から順番にやる!

1日1章を目途に学習しましょう。(1章〜7章まであります)
超重要
次に学習をし始めるときは、新しい章に入る前に、必ずその日までに学習した範囲の、あなたが間違えた問題を復習してください!これをやるとやらないとでは、記憶力の定着度が全然違います

step
2

TOEIC公式問題集のPart5を使ってアウトプット!

目的は、TOEIC本番でちゃんと得点できることですよね。なので、ある程度(6~7割くらい)文法基礎が身についたと感じたら、公式問題集のPart5,6を使ってアウトプットしましょう。

TOEIC L&Rテスト 文法問題でる1000問にも書かれていますが、目標はPart5,6を20分で解くことです。これができるようになるとリーディングで8割取ることができます(経験上)

関連

まだTOEIC公式問題集を持っていないという方は↓からどうぞ。

国際ビジネスコミュニケーション協会

step
3

TOEIC本番前に間違えたところを復習!

あなたが今までに間違えた問題を復習して、本番前に備えましょう。

まとめ

この記事では、以下の内容を紹介しました。↓

TOEICリーディングで7割以上取るために絶対オススメしたい本

それを使った勉強方法

 

リーディングで一番点が伸びるのはPart5であり、ちゃんと勉強すればすぐに結果が出るパートです。

 

そして、Part6はPart5の延長みたいなものなので、Part5が解けるようになればPart6の点数も伸びます

 

いちくん

リーディングで点数が伸び悩んでいる方は、今回ご紹介した本と勉強法でPart5を攻略し、リーディング7割以上を目指しましょう!

 

それではまた。See you next time!

-TOEIC勉強法
-, ,

Copyright© いちくんブログ , 2019 All Rights Reserved.