ブログ運営

【図解あり】Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法【ブログ初心者】

更新日:

アナリティクス

 

こんにちは!いちくんです!

 

ブログ初心者のみなさん、Google Analytics、使ってますか?

たぶんほとんどの人が使っていると思います。

 

いろいろなデータが見れるので楽しいですよね

 

なかでも、リアルタイムで見てくれている人を見つけた時、めちゃめちゃ嬉しくなりませんか?!

僕はそうでした笑

 

「現在1って書いてある!ってことは今誰か見てくれてるのか~!嬉しい~☆」みたいな感じで笑

 

 

でもあるとき思ったんです。

 

「これ、俺自身じゃね?」 と・・・。

 

そしたら案の定、僕自身でした(;’∀’)wwww

 

これの何が良くないって、直帰率とかOrganicSearchとかそのほか色んなデータに自分自身が含まれちゃうので、データの精度が落ちてしまうんですよね

 

PV数1000とかそれ以上の方はさほど影響しませんが、ぼくのようなPV数が少ない初心者ブロガーだと、もろに影響を受けてしまいます。

 

いちくん
できればちゃんとした正しいデータを見たいよね

 

 

そこで今回は、Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法をご紹介します☆

 

 

Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法

アナリティクス

 

1.PC編

PCの場合、Chromeの拡張機能である、Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)を使えば一瞬です。

 

説明画像

2.スマホ編(iPhone)

スマホの場合、AdFilterというアプリを使うと簡単です。

step
1

まずは以下のアプリをダウンロードしてください。

【アプリ】AdFilter

step
2

アプリを起動し、下のタブの「高度なブロック」を選択し、GoogleアナリティクスをONにします。

(僕はついでにTwitterアナリティクスもONにしています。)

Skitch手順図解

step
3

続いて、下のタブのサイト別設定を選び、右上の+マークを押します。

そうしたら、ドメインの部分に自分のサイトのURLを入力して、アクセス解析ブロックをONにしましょう

Skitch手順図解

Skitch手順図解

これで、アプリ側での操作は終了です。

続いて、iPhone本体側での設定に移ります。

 

step
4

iPhoneの設定を開き、Safariを選択。

続いて、コンテンツブロッカーを選択。

そうすると、さきほどインストールしたアプリのAdFilterがあるので、これをONします。

以上で終了です。

自分のスマホや、PCを使って、自分のブログのサイトにアクセスして、自分のアクセスが表示されないことを確認出来たらOKです。

確認するサイトはお問い合わせなどあまり人がアクセスしないコンテンツがわかりやすいですよ

3.番外編(Android)

Androidをお使いの方は以下のサイトを参考にしてみてください☆

 

まとめ

今回は、Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。

 

データの精度が悪いと間違った対策をしてしまう可能性があるので、自分のアクセスは除いておきましょう☆

 

いずれは、自分のアクセスが影響しないほど多くの方に見てもらいたいものです笑

 

ではまた。See you next time!

 

-ブログ運営
-

Copyright© いちくんブログ , 2019 All Rights Reserved.